湿った電子機器

それがワタシ

バレンタインデーとどう向き合えばいいですか?

 

バレンタインデー。

 

 

 

日本のイベントの中でも、明らかに格が違います。

 

 

 

ロマンチック過ぎます。

 

ロマンチックが、ホトバシっています。

 

 

 

まず、「意中の人へチョコを渡さなければならない」という、人権を完全に無視した驚異のレギュレーション

 

人の血が通った者が考えたとは思えません。

 

 

もうこれは、天使

 

ピンクの翼が生えてて胸元の開いた縦セタを着こなし、性欲が強くてヨガが趣味の天使が考えたとしか、思えません

 

 

 

 

そして、2/14という日付。

 

 

 

絶妙過ぎます

 

絶妙が、ホトバシってます。

 

 

 

冬のしつこい寒さに心まで凍てつこうとした頃、ちょうどよく人の温もりを得られるよう

 

 

計算され尽くしています。

 

暦に対し並の価値観を持つものが選出できる日付ではない。

 

 

 

もうこれは、変態

 

10/31生まれの女性と6/21に結婚して10/4に子供を授かると決めた1/3の純情な感情を持つ変態が考えたとしか、思えません

 

 

めちゃくちゃエモーショナルです。むしろエローショナル

 

いや、エロス。

 

 

エロスと言って差し支えない。

 

 

 

 

 

 

極め付きは、

 

上の「行為」と「日付」は、どうやって結び付いたのか?

 

という点

 

 

 

 

天使と変態が談合しなければ、バレンタインデーは成立しなかった。

 

その経緯すら、叙情的だったに違いない。

 

 

 

 

 

天使「ああ、とっても素敵なことを思いついたのだけど、どうやって流行らせばいいのかしら……」

変態「ああ、今日の日付は物凄く興奮する。どうすれば最高の日にできるだろう……」

 

天使「あら? あちらの殿方、頭にお花を挿していらっしゃいますわ。ふふっ、なんて可愛らしいのでしょう」

変態「おや? あちらのお嬢さん、顔が10/31生まれという感じだ。まさか……」

 

天使「まあっ、このお花を私に? 一体どういうことですの?」

変態「失礼だがお嬢さん、貴女の誕生日は10/31ではないだろうか。これは桔梗。10/31の誕生花だ――花言葉は、『永遠の愛』

 

 

 

 

 

 変態「今日もヨガをしているんだね。どうしてヨガをするんだい?」

天使「あら、ご存知ないの? 乙女というものはヨガをするの」 

 

変態「それは興味深い。ところで今日の日付が分かるかな」

天使「ふふ、貴方はいつも日付のことばかりね。6/21よ」

 

変態「……果たしてこの指輪を見ても、日付で頭がいっぱいと思うのかな。『ヨガの日』である今日に、プロポーズをすると決めていた」 

天使「……まあ! 私のことを、考えてくれていたのね」 

 

 

 

 

 

変態「頑張ったね。本当にありがとう」

天使「お礼を言うのは私の方よ。貴方の子が産めて幸せだわ」

 

変態「ああ、なんて愛おしいのだろう。君も、この子も」

天使「こんなときになあに? でも、本当に可愛いわね」

 

変態「まるで天使のようだ。今日という日にぴったりじゃないか、なぜなら――」

天使「10/4、『天使の日』だものね」

 

 

 

 

 

変態「今日は君と出逢った日だ……これを渡そう」

天使「これは、チョコレート?」

 

変態「いつか君が言っていた。想いを寄せる人に、チョコレートを渡すということを広めたいと」

天使「覚えていたの? ありがとう。でも、私は貴方とこの子がいれば、他に何も要らないのよ」

 

変態「一つの日付は、一年に一度しか訪れない。だから貴重なものになる……今日、2/14という日を、チョコレートを渡す日にしよう」

天使「……ふふっ、やっと少しわかった気がする。日付に惹かれる貴方の気持ちが」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレンタインデーは

 

 

 

ロマンチック過ぎます